FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕には数字が風景にみえる

僕には数字が風景にみえる



ダニエル タメット(著) 古屋 美登里(訳) 講談社

タメット氏はアスペルガーでサヴァン症候群※、そして同性愛者の敬虔なクリスチャン。
とにかくこの世の中にあってはマイノリティーだ。
マイノリティーだとおかしいか?、いや絶対にそんなことはない。
彼の驚きべき純粋さは、超天才的数学と語学の才能をしのぐ資質ではないかと思う。

彼の純粋さを端的に表すこんなエピソードがある。
ある日かれはこの宇宙がどんなふうにできているのか宇宙の果てまで行ってその謎を突き止めようと夢想する。
広大な宇宙を見渡すと、急に畏怖の念に襲われ、気持ちが悪くなってしまった。
自分の領分を越えてすべてを知ろうとする力の限界を感じとったのだ。

抽象的な概念を理解するのが不得意とされるアスペルガーや自閉症の人が信仰を持つのは難しと聞くが、
彼はそれを超繊細で特殊な感覚で感じ取ったのだろう。


さて、タイトル「僕には数字が風景にみえる」について、
タメット氏によると、数字の6は消え入りそうで、1は輝いている。
素数はすべすべした感じで好き、だという。
また、円周率についてはとても美しい風景で、円周率を読み上げるときはその中を散歩しているようだ、とも書かれている。
何とも不思議な話だが、これは映画「レインマン」のモデルになった人も同じようなことを言っている。


「見える」
実は僕もちょっとしたサヴァンの人に会ったことがある。
カレンダー暗記の天才である彼は知的障害で肢体不自由であった。
2000年のある日こんな質問をした。
「Sちゃん、2005年 7月4日は何曜日?」
「・・・・月曜日」
それを聞いてから、おバカな僕はあわてて携帯のカレンダーで探り出した。
「あってる!すげー、どうしてわかるの?」
「・・・・見えるの」
そう言われた。


タメット氏のようにサヴァン症候群で自身の内面について詳細に語ることの出来る人はまれだという。
そのような意味でこの本は貴重であるとともに、彼の前向きな生き方にはとても勇気づけられる。
この分野に興味のない人にとってもお薦めの本だ。


※サヴァン症候群(ウィキペディアより一部抜粋)
知的障害や自閉性障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、
常人には及びもつかない能力を発揮する者の症状を指す。


written by teamほんやら<akira>
スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連のおすすめ本 - ジャンル : 福祉・ボランティア

ぼくのお姉さん

ぼくのお姉さん
丘 修三著 偕成社文庫

障害児(者)をテーマにした6編からなる短編集。
著者は都立養護学校の元教諭。
僕がこの本を読んだのははるか昔、小学校高学年の頃だった。

表題ははダウン症の姉をもつ弟の話。
ダウン症の愛嬌ある行動は弟の友達にとって格好の笑いのネタだ。
弟はなるべく友達にお姉さんを知られたくない、と思うようになる。
そんあある日、突然姉が家族でレストランへ行こうという。
理由がわからぬまま食事を終え会計しようとすると、
姉が作業所でもらった初給料を取り出し、支払おうとする。
そんな姉の優しさに、弟はやっぱり姉で良かった、と思うようになる。

この本はとても読みやすい、でもテーマはすごく深く、そして泣ける。
障害者自身の苦悩、家族の苦労、周りの偏見、でもその中にある家族や人の優しさ。

僕がその後なんとなく福祉の道へいき、知的障害のゼミに入り、施設に就職したのも
この本による影響が少なからずあるのではと、時々思う。


written by teamほんやら<akira>

テーマ : 福祉関連のおすすめ本 - ジャンル : 福祉・ボランティア

社長、バリアに挑む

社長、バリアに挑む
ハンディキャップを武器にして


株式会社ワールドパイオニア 中園 秀樹著 / 同友館
http://www.wp1.co.jp/


自ら聴覚障害を持ちながら会社を起こし、
聴覚障害者にとっての「不便を便利」に変えるべく奮闘する社長の話。

決して障害を言い訳にせず、しかし主張するべきところははっきりと主張し、
自らが聴覚障害者のパイオニアたらんとする姿勢に敬服する。


― 厚生労働省は平均聴力70デシベル以上の人を聴覚障害者と認定している。
その数は約35万人。
ところが欧米諸国やWHOはこれよりも軽い聴力である40デシベル以上のの人を聴覚障害者と認定している。

人口の5%が聴覚障害者が疑われている。 ?中略? 日本に当てはめれば600万人の聴覚障害者がいると推定される。(p45) ―

この、推定600万人の市場に、当時者だからわかるニーズに応えていく。
こんなものがあっらたいいな、と思う人は数多くいても
それを形にし市場に送り出すことがいかに困難であるかがこの本を読んでわかった。
ただならぬ困難を乗り越え、商品を世に送り出す。

ワールドパイオニアはただビジネスをしている会社ではない。

障害者でも能力のあるものがいるという自らの証明と
また、適切なツールさえあれば対等に仕事ができる。
社会参加も障害者雇用も促進できる。
それを切り開く社会的パイオニア企業である。



+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*


図書館に本を返しにいった。

受付カウンターには聴覚障害者のマーク。

ふっと表示の下を見ると「かきポンくん」※が、なるほど実はこんな身近なところにあったんだ。

※簡易筆談機の商標


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

written by teamほんやら<akira>

テーマ : 福祉関連のおすすめ本 - ジャンル : 福祉・ボランティア

そうだ、葉っぱを売ろう!

そうだ!葉っぱを売ろう


横石知二 著/ソフトバンククリエイティブ



ここ最近で自分が一番感銘を受けた本です。

徳島の小さな町、上勝町で起こった奇跡の話。


超過疎の町、限界集落ぎりぎりの上勝町で農協の営農指導員として就職した著者。

高齢化率は48%。

おばあちゃんでもできる仕事はないか、といつも考えていた。

たまたま、大阪のすし屋で「つまもの」のモミジを見て感動し大切に持って帰ろうとしいる人を見て、葉っぱが商売になると考えた。
その後、 紆余曲折を得て今では年商2憶6000万円のビジネスとなった。

本の後半で福祉について触れている。

そこで著者は「産業福祉」という言葉を使っている。「福祉産業」ではない。
一人一人が役割を持っているということの大切さ、
仕事を通して人に役に立っているということのやりがいと喜び、
どんなにおばあちゃんになっても、仕事をつつづけている限り生きがいを持てるのだ。
80歳のあばあちゃんが新しく苗木を植える。
その葉っぱを採れるようになるまでは5年はかかるという。
でもそれでいいのだ、おばあちゃんは未来への夢の苗木を植えているのだ。

この本は直接的にはこのブログとは関係がないかもしれないが、
障害者でも同じことが言えると思う。

もちろん自分自身にとっても関係のあることだ。

著者はニューズウィーク日本版『世界を変える社会起業家100人』に選ばれた。
著者は言う「気が渦を巻くようににしなければならない」

そう、この「気」を受け継ごう。どんどん大きな渦にしていこう。
そうすれば、大げさな話でなく、世界は変わっていくだろう。


written by teamほんやら<akira>

テーマ : 福祉関連のおすすめ本 - ジャンル : 福祉・ボランティア

バケツ

北島 行徳 著/文芸春秋

「 障害者プロレス」について書かれた「無敵のハンディキャップ」の著者が書いた小説。

障害者プロレスで出会った仲間をモチーフにしている。

養護施設にいたバケツは知的に遅れがあるが
知能テストでわずか1点上回ったために手帳を取れず、
職にもつけづ、行くあてもなく、職員だった神島に引き取られ、仕事をすることになる。
で、神島も養護施設をやめて日焼けサロンやら無認可保育園、
個人ヘルパー業みたいなものを始める。
いたるところで、社会の矛盾点みたいなところが描かれていて考えさせられる。

作中、バケツには窃盗癖があった。
(実際のモデルに窃盗癖があったようだ「ドッグレッグス」の試合を見た時に「菓子パンマン」が店の売り上げを盗んだと実況で言っていた。)

「累犯障害者」で触れたが、
このバケツのような人たちが行くあてもなく軽犯罪を重ねてしまうのだろう。

今後、こうした作品がドラマ化かなんかして人目を浴びることを期待する。
そしたら、世論も関心を示して、何かいい方法が出てくるかもしれない。

written by teamほんやら<akira>

テーマ : 福祉関連のおすすめ本 - ジャンル : 福祉・ボランティア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。