FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盲導犬と障害者への理解を 親子がアイマスクで体験

盲導犬と障害者への理解を 親子がアイマスクで体験

共同通信8月30日

盲導犬って意外と目にすることは少ないです。
他にも障がいを持つ人を手伝う犬には
聴導犬、介助犬がいます。

これら三種の犬はまとめて
身体障害者補助犬と言われていて
「国、地方公共団体、公共交通事業者、
不特定多数の者が利用する施設の管理者等は、
その管理する施設等を身体障害者が利用する場合、
身体障害者補助犬の同伴を拒んではならない。」
とされています。
まあ、
著しく損害が出てしまう場合はその例ではないようですが。

ファミレスなどの飲食店でも
これらの犬の同伴は可能です。
ご覧のようなマークが目印で
皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

これらの犬は勝手になることは出来なくて
訓練をしっかりと受けて合格しないと補助犬に
なることは出来ません。
訓練施設は全国で16カ所しかありません。

このページに色々と載っているので
是非見てみて下さい。


hojoken



written by teamほんやら<koeryo>






スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース - ジャンル : 福祉・ボランティア

障害基礎年金 24人支給漏れ

障害基礎年金 24人支給漏れ

asahi.com8月27日より


障害基礎年金は、1級と2級があります。
1級が大体つきに8万ちょっと。
2級は6万ちょっとです。

障がい者の年金には障害厚生年金って言うのもあって
それは3級まであります。
どちらも、単純にもらえるわけではありません。

基礎年金の方は記事にもあるように国の支給基準を
満たさなければなりませんし、
厚生年金の方はその名の通り
厚生年金に加入していなければなりません。

また、所得の制限っていうのもあって
ある一定以上の所得があるともらえません。

基礎年金の申請は役所の窓口で書類などがもらえると思いますが
かなり対応の悪いところもあります。
「その障がいではもらえませんね」
と窓口で帰らされる。
書類の一式を渡してくれない。
などがあります。
権利として年金の申請が出来るのですから
上記のような対応は問題外の対応です。
もし万が一されたら
怒ってやりましょう。

ちなみに、
「その障がいではもらえませんね」
と言われた人は、ちゃんと基礎年金をもらっています。



written by teamほんやら<koeryo>

テーマ : 福祉関連ニュース - ジャンル : 福祉・ボランティア

米TIME誌も「世界一クール」と絶賛!アフリカで売れまくる住友化学の“蚊帳”

米TIME誌も「世界一クール」と絶賛!アフリカで売れまくる住友化学の“蚊帳”

週間ダイアモンドより

ちょっと本題と違うんだけど、、、良い話題なので。

蚊帳をつくることでマラリアを防ぎ。

現地の雇用も作っちゃう。

利益はしっかり出して、それを学校建設に充てる。

まさに社会的企業、日本企業は海外で悪く言われことが多いようだけど

これなら胸を張って言えるね。


written by teamほんやら<akira>

知的障害者ら狙い暴行や恐喝、少年8人逮捕・1人相談所送致

知的障害者ら狙い暴行や恐喝、少年8人逮捕・1人相談所送致


読売新聞8月22日より

怒りと悲しみとやるせなさ、、、、。

どうしてこんなことするのか?

自分より弱いものをいじめて、傷付けて、何がおもしろい?

加害者の彼らもまた心に大きな障害を持っている。


written by teamほんやら<akira>

テーマ : 福祉関連ニュース - ジャンル : 福祉・ボランティア

SPEED再結成!今井が息子の障がい初告白

SPEED再結成!今井が息子の障害初告白


産経ニュース8月20日

なんでも息子さんが先天的な聴覚障害ということ。

そんな息子に自身の歌っている姿と、同じ境遇にいる人達に勇気を与えたいとのこと。

今度の24時間テレビでドキュメンタリーをやるらしい。

今井さんはシングルマザー。

そういえば障害児の片親って圧倒的に母親が結構多い気がする。

男は事実を受け入れられないのかな。

女はつよい、母はもっとつよい。


written by teamほんやら<akira>

五輪とパラリンピックW出場

五輪とパラリンピックW出場


日刊スポーツ8月16日より


そうだよね。
なにも障がいを持ってしまったからと言って
パラリンピックを目指さなければならない理由はないんだよな。


知的障がいをもつ青年は
卓球をやっている
その彼が
市民大会に参加して
見事3位に輝いたらしい。
その大会はもちろん健常者も出ている。


差別はしてはいけないけど
ある程度の区別は必要だと思う。
でも、スポーツの大会自体を
オリンピックと
パラリンピックに
開催の時期も分けていく
必要ってどうなんでしょう。
これからもその必要はあるのかな?

一緒にいること
一緒にやること
それでとてもたくさんの
刺激を受けることってあると思う。
お互いに。


ちなみに
パラリンピックを創始したのは
「グッドマン」という医師
大学の先生のように直訳すると
「いいやつ」
かな?


written by teamほんやら<koeryo>

テーマ : 福祉関連ニュース - ジャンル : 福祉・ボランティア

盲学校の子供達による写真展

盲学校の子供達による写真展

mougakkou


新宿のガード下を通りかかったら写真が展示してあった。
よく見ると盲学校の子供たちがとった写真だという。
あれ?盲学校って、、、目が見えないってことだろ?
どうやって撮ったのかな?音を頼りにとったのかな?

写真は確かにちょっとピンボケしてたり、フレームから被写体が外れていたりしている。
でも、味がある。
ねらってもなかなか撮れない写真だろう。
写真ごとにコメントが書いてあったので紹介したい。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
「日曜日の夕方」 中3 
僕は一週間の中で一番好きな時間が日曜日の夕方です。
のんびりしていてなんとなく落ち着くからです。
この写真はそんな落ち着いている時に撮った写真です。
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+


ほんとにコメントのとおり、写真には夕方ののんびりした感じが出ていた。
なんだかカレーの匂いが漂ってくるような、そんな感じ。
携帯のカメラで撮ったのでよく見えないのが残念だ。

もともとは写真家の菅洋志さんが横浜の盲学校で写真を教えていたのが始まりらしい。
新潮社より写真集も出ているようです。

mougakkou7


written by teamほんやら<akira>

テーマ : 福祉関連ニュース - ジャンル : 福祉・ボランティア

パラリンピック

パラリンピック


ゴールボールのことを見たので
少し調べたくなって見てみました。
パラリンピック。
オリンピックと同じ年に同じ場所で行われています。
今年は9月6日から開会します。
競技は全部で20種目
なじみのあるものがほとんどですが、
前回のゴールボールのようにあまりなじみのないスポーツまで
幅広くあります。
なじみのあるものでも、ルールが多少の変更をくわえられていたりします。

北京大会から新しくボート競技がくわえられているようです。
日本障害者スポーツ協会のページに種目と簡単な説明が出ています。
是非のぞいてみてください。


written by teamほんやら<koeryo>

テーマ : つぶやき - ジャンル : 福祉・ボランティア

ゴールボール

ゴールボール


YOMIURI ONLINE 8月13日より


北京ネタで。

さっきテレビでやってました。
まだまだ私たちの知らないスポーツは多そうです。
テレビを見る限りとても奥が深くて楽しそうです。
そして何よりも集中力が必要とされそう。

この種目は北京のパラリンピックでもやるようです。
日本は前回アテネで銅メダル。
是非金を取ってほしいです。

でも、オリンピックの銅メダルはかなり注目されるのに、
パラリンピックだと全然注目されない。
アテネの銅は知らなかった。
自分が知らなかっただけかもしれないけど、
もっとたくさんテレビや新聞などで取り上げていっても良いのでは?
見ている限りなかなか面白そうな競技だったし。

確かNHKでアテネの時は見た気がする。

written by teamほんやら<koeryo>

テーマ : 福祉関連ニュース - ジャンル : 福祉・ボランティア

障害者の裁判員対応 県内通訳士「困った」

障害者の裁判員対応 県内通訳士「困った」


静岡新聞8月5日

裁判員制度と障がい者についての続きです。
なるほど、まだまだ不完全ながら一応は障がいを持つ人に対しても
参加が可能なように試行錯誤をしているようです。

ん?
だから裁判所に行くまでは?


ちょっと今回は別の視点で。
義務って面倒くさいようだけど
視点を変えれば権利にもなっていると思う。
ちょっと前(約30年前)までは、義務教育だって「修学猶予・免除」
って名の下で障がいを持っている子ども達が学校には行けていなかった。
Wikipediaによると(就学猶予で調べてください)
「親の義務教育を受けさせる義務の猶予あるいは免除であって、
子どもの義務教育を受ける権利に直接的な影響はない。」
ってなってるけど、自ら権利を行使することが難しい子ども、
ましてや障がいのある子に対してその考えは横暴な気がする。

だいぶ話がそれてしまった気がするけど、
国民に新たな義務が生まれようとしている。
それは新たな権利が生まれること、
だから、その権利が平等に皆に行き渡るようにしてほしい。


written by teamほんやら<koeryo>

テーマ : 福祉関連ニュース - ジャンル : 福祉・ボランティア

ブルキナファソの事情

ブルキナファソの事情


前回の記事を読んでからの方が理解しやすいかもしれません。

先日、先輩と会いました。
その先輩は今年の3月まで青年海外協力隊でブルキナファソへ。
ブルキナファソってアフリカにあります。
かなり聞き慣れない国です。
事実先輩が派遣されるまで知りませんでした。

そこの障がい者について聞きました。
先輩はストリートチルドレンへの支援で派遣されていたので
詳しいことは分かりません。
でも、その目から見て一つ面白いことを言っていました。

ブルキナファソではポリオ患者が多い。
だから車いすに乗っている人で
結婚している人、
働いている人が多い気がする。

とのことでした。
日本でももちろん車いすでも結婚、出産、子育てをしている人もいれば、
働いている人もいます。
でも、先輩は日本より車いす夫婦、車いすで結婚、働いている人を身近に感じたようです。

ブルキナファソの事情といいながらも、
とてつもなく狭い一側面ですが、
これも真実の一つとして報告いたします。
この一つの真実から
何が考えられるのか、、、。


これからも先輩には、ブルキナ事情を教えてもらいたいと思います。
ちょうどまた、派遣されていますし。


written by teamほんやら<koeryo>

テーマ : 福祉のプロを目指す - ジャンル : 福祉・ボランティア

ポリオ

ポリオ


次回の記事のために予備情報を。
ポリオ。
名前くらいは聞いたことがあるでしょうか。
多くの人が子どもの頃に予防をしているはずです。

ポリオ、別名は急性灰白髄炎。
かつては小児に流行したことから小児まひとも呼ばれるそうです。
ポリオウイルスが中枢神経に感染することで生ずる四肢の麻痺が主な症状だそうです。

日本では昭和55年を最後に新たな感染はないそうですが、
未だに世界では多くの人(主に5歳未満の子)がこのウイルスに感染しているようです。

かつては身体障がいになる最も大きな要因の一つとされていたようです。
また、この病気にかかって麻痺が起きてもその麻痺を治すことは不可能で、
場合によってはウイルスが脳幹の運動ニューロンを侵し、
呼吸困難や死亡に至るケースさえあります。

さて、この情報をふまえた上で次回はちょっと聞いた海外情報をお送りします。

参考サイト
日本ポリオ研究所
感染症情報センター
この他にもポリオで検索すると沢山出てきます。

written by teamほんやら<koeryo>

テーマ : 福祉のプロを目指す - ジャンル : 福祉・ボランティア

ハイブリッドカーは視覚障害者にとって脅威

ハイブリッドカーは視覚障害者にとって脅威


先日同僚が言ってました。
「駅前で初めて電気自動車を見たんだ。
近づくまで全く音がしなかったからびっくりしたよ。
すごいね。全く音がしないんだもん。」

なるほど、目の見えるものであっても
死角からやってくる
音のしない自動車は脅威です。

環境もすごく大事だけど
安全も大事
ぶつかった車の中にいる人だけを
助けるだけではなく
決して人やモノにあたることの
「出来ない」車の開発もすすめて
いかなければならない。

そういえば昔
RV車の前に着いてる
パイプみたいなやつ
あれがついてる車にひかれると
死んじゃう率が高くなるって聞いたな。
車のボディは何ともないんだろうけどね、、、。


written by teamほんやら<koeryo>

ユニクロ

ユニクロ


買ったばかりのユニクロの短パンのボタンが外れた。
これはビール腹のせいではない(と、思いたい)。

ちっ、ユニクロめ、やっぱり安ものか、(安ものしか買ったことない)。

ユニクロに文句を言ってやらねば!(ウソ)
と、ネットで「ユニクロ」の検索したら。見つけた。
ユニクロ障害者雇用率7.42%(2006年)ってすげーな!
実に法定雇用率1.8%の4倍。
驚異的だ。

そういえば代表取締役の柳井さん著「一勝九敗」
にもユニクロはスペシャルオリンピックのスポンサーになってるっていってな。

そうか障害者に理解ある会社なんだな、、、。
妙なところで関心してしまい、なんとなく本題を忘れる。

でも、これって企業にとって大切なCSRだと思う。

written by teamほんやら<akira>

テーマ : つぶやき - ジャンル : 福祉・ボランティア

障害者自立支援法の見直し

障害者支援制度「見直す」…首相表明
(2008年7月25日 読売新聞)


福田首相が「自立支援法の見直しを進めたい」といったらしい。

どう見直すのか?

1割の自己負担はなくなるのか?

でも、財政的に厳しいのでは?
また、障害者権利条約
についても「可能かなぎり締結(批准?)を目指す」とのこと。


この条約、福田さんがいくら頑張って批准されても、
われわれが知らなかったらしょうがない。
ちょっと見るだけでも見てください。

正直難しい、、、、。


written by teamほんやら<akira>

テーマ : 福祉関連ニュース - ジャンル : 福祉・ボランティア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。