FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善意のラーメン

善意のラーメン600杯、障害者に6年間無料提供

http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/yamaguchi/20080509-OYS1T00212.htm


その活動は「一杯のラーメン」から始まった。



「お店でアツアツのラーメン食べてみたい」 ラーメン店を営む藤本さんは、障害者にそう言われた。
以来、6年間、施設をまわって自慢のとんこつラーメンを無償提供している。

原材料の高騰、無償提供する際の営業時間のロス。

お店の売上だけを考えればこんな損なことはないだろう。

でも活動をしているのは
店内壁にぎっしり貼られたラーメンを食べた障害者から寄せられた感謝の手紙、
なのだろう。

藤本さんは「落ち込んだり、仕事で疲れていたりした時に手紙を読み返すと元気になる。自分のパワーの源です」と言っている。
また、 藤本さんは、この交流をきっかけに、5年前から障害者支援団体を設立。
弁当の盛り付けなどの現場実習に店を提供するなど、障害者の自立支援にも乗り出した。

与えることで得られる喜び、それを実践する人。

障害者はただ与えらるだけの存在ではないということ。

感動した。



ラーメン食べたくなった。



written by teamほんやら<akira>



スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース - ジャンル : 福祉・ボランティア

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。