FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西の障害者雇用、すそ野広がる 「特例子会社」多様に

関西の障害者雇用、すそ野広がる 「特例子会社」多様に
日経ネット5月30日更新より

障がい者の雇用に有利だと言われている特例子会社。
コクヨなど私たちも聞いたことのある会社の名前が多いです。
このページ(PDF)を見るとちょっと前の資料ですが、
どこにどの親会社が作った特例子会社が作ったものがあるのかが分かります。
さすが東京、有名どころがたくさんあります。
ソニー、キューピー、ブリジストン、ベネッセ、伊勢丹、小学館などなど。

この特例子会社というもの、詳しくは
http://www009.upp.so-net.ne.jp/machito/empu/toku2003.html
こちらのページをご覧いただくとします。
この制度は障がい者の雇用を勧めるために作られたものです。
最近出来たものではなくてかなり前の30年以上前に出来たものだそうです。
企業には一定の割合で障がい者を雇用しなければならない
法定雇用率というものがあり、
民間企業だと1.8%(1000人社員がいたら18人は障がい者)です。
ただ、「これだけ雇いなさい」
という制度だけではなかなか雇用はすすみません。
雇用率を達成しない企業にお金を払いなさいという制度もありますが
それだけではなく、
障がい者を雇用しやすいようにするための制度がこの特例子会社です。
(かなり大ざっぱな説明なので誤解を生んでしまったら申し訳ありません
ちゃんと上記のページを見ていただけたらと思います。)

さて、平成19年6月1日に特例子会社に雇用されている人
また、特例子会社の数を紹介してこの記事を終わりにしようと思います。
特例子会社の認定を受けている会社は219社。
そこに雇われている
身体障がい者6,639人
知的障がい者3,721人
精神障がい者149.5人です。
この人数をどう捉えるか。
ちなみに普通の民間企業(56人以上規模の企業:雇用率1.8%)
に雇用されている人数はその前の年より1万9千人増加して
302716人だそうです。


written by teamほんやら<koeryo>
スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース - ジャンル : 福祉・ボランティア

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。