FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPOとNGO

NPOとNGO


NPOで働いている友人に聞きました、、、。
NPOとNGOってなに?


以下抜粋です。

NGO自体は、wikiで調べてくれればいいとして、
要するに行政が抱えきれない課題を民間が行うものって考えればいいのでは?

それが非政府組織か、非営利組織の二つの言葉に寄って、NPO,NGOに分けられるけれど
両者にほとんど違いは無い。

NPOっていうのは、法人格をもてるということで、信頼性や透明度は高くなる。
しかし、その分制限が多く、非営利という言葉があるため多角的な事業で儲ける事は出来ない。
それなのに税制は株式会社と同じ。
ようするに事業形態に寄っては、NPOの方が良い場合もあるし、会社にした方が良い場合もあるのね。
会員がいっぱいいたり、助成金でなんとかまかなっているとこなんかは、NPOにしておいた方が、
お金が集まりやすい。
反面、会社は事業でお金を儲ける事が出来るし、多角的経営が出来る。でも、
助成金や会員制をとる事は難しくなる。

そんなこんなで、崇高なミッションを抱えているのにも関わらず、
NPO法人という制約があるため規模を大きくする事が出来ない現状を変えようと、
最近ソーシャルエンタープライズとかソーシャルベンチャーなんて企業がでてきて、
社会貢献をしようとしている。

どちらも一長一短。
国際協力や教育みたいな分野は、会社ではお金を集めて行く事は難しいからNPOの方が良いだろうし、
うちらみたいに、研修事業、農業経営、体験事業、農産物加工販売とか、多角的に事業を興そうとしている人たちには、一部分をNPOに残して助成金を得て、会社に一部の事業を移譲し、
利益を上げながら事業を拡大して行くっていうのも手だろうね。

もう一つ、NGO、NPOは日本には寄付金文化がないため、お金が集まりにくい体質があるため、
どこにいっても資金難。
そこで今注目されているのがファンドレイジングという資金を集める方法。
自分たちの会員たちを分析、またマーケティング、営業を行い資金を集めるというもの。
今回のBIG ISSUEにも書いてあるので参考あれ。
要するに、これからはNPOも会社と同じように経営して行かなくては行けないよってこと。

でも、会社とNGO、NPOの差は、
ミッションがあるかないかの違い。
もちろん会社でも最近は社会的に役に立とうと思っているけれど、それは経営のため。
金(富)を分配するために、モノ(サービス)を売る。
NPO、NGOは社会のために、モノ(サービス)を提供する。


以上
written by kentaro

実際に彼はどのようなことをしているのでしょうか?
福祉とはちょっと離れた感じもする仕事ですが聞いてみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 福祉サービスを知ろう - ジャンル : 福祉・ボランティア

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。